弁護士・社会保険労務士紹介



 梶永 圭

弁護士(宮崎県弁護士会)

社会保険労務士(宮崎県社労士会)

刑事弁護フォーラム会員

全国倒産処理ネットワーク会員

過労死防止学会所属

昭和45年10月31日生まれ

平成20年 弁護士登録

平成24年 社会保険労務士登録

平成24年5月 宮崎はまゆう法律事務所設立

平成28年 社労士法人はまゆう宮崎はまゆう社労士事務所を法人化

 日常的に社労士業務と弁護士業務を行っている数少ない弁護士・社会保険労務士です。

 労災に遭遇した場合には、労働災害補償請求及び使用者に対する損害賠償請求など複数の法律による解決が必要です。

 しかし、もしかしたら、ご相談をすること自体に悩まれているかも知れません。

 また、周りの人が全員、あなたと同じ思いではないかも知れません。

 ご相談内容によっては、法的な解決が出来ないかも知れません。それでも、どのような解決であれ、半歩でも前に進める気持ちになるかも知れません。

 一度でいいですから、梶永に話を聞かせて下さい。


 私の両親とも宮崎県出身で、私も小学生の頃まで都城市で過ごしました。

 東京で弁護士をした後、平成22年1月、壱岐の島という離島に渡り、壱岐ひまわり基金法律事務所を開設・運営をしていました。

 壱岐ひまわり基金法律事務所所長の任期が終了したことにより、平成24年5月、地元宮崎で宮崎はまゆう法律事務所を開設するに至りました。

 前事務所でも,「弁護士のバリアフリー」をキャッチフレーズに,島民と弁護士の垣根を取り払うことを第一に取り組み,年間250件以上もの法律相談をさせて頂きました。当事務所も県民から末永く親しまれたいとの願いから、県花である「はまゆう」を事務所名にしました。今後とも、お気軽に当事務所をご利用下さい。

 

 *ひまわり基金法律事務所とは、弁護士がいない又は少ない地域に日本弁護士連合会等の援助により設置される公設事務所のことをいい、原則として2年から3年間を任期として弁護士が派遣されます。